北廣島鐵道ブログ線

アクセスカウンタ

zoom RSS レッスン〜スピッカート編

<<   作成日時 : 2010/02/13 22:09   >>

トラックバック 0 / コメント 4

今日はレッスンでした〜♪

曲はMoto Perprtuo。
スピッカートの曲です。

さて、前回のレッスンでは、あちこちダメだしされたワタクシ。

悔しいので、一生懸命練習しました。

演奏会があったんですけれど、この曲も地味に練習していました〜。


まずは、スピッカートなしで、detacheで弾いてみると・・・。

・A線を弾く時の肘の位置が高い←(私の癖)
・pianoはもっと小さく、きれいな音質で。
・pianoとforteのメリハリをつける。

いろんな種類のpianoとforteを練習するのに、よい曲だと言われました。
前回言われた、テンポについては言われなかったなー。


次に、スピッカートで弾いてみると・・・。

・飛ばすとpianoとforteの差がなくなる。
・スピッカートは、弓の量でpianoとforteをつける。
・駒からの弓の位置を、常に正確に。
・手首をもっときちんと使えるように。

そんなことを言われているうちに、ある重大な事実が発覚!

私の弓の張り方。(まん中へん)
画像


このぐらい張る必要あり! (比較されたし↑↓)
画像


このぐらい張ってみると・・・、おお〜飛ぶ飛ぶ!

弓は張った方が飛ぶんですね〜。
もちろん張りすぎると、飛びすぎるのでほどほどに。


そのほか、いろいろと書ききれないことを教えてもらいました〜。


一通り教えてくれた先生は、

先生:「まだ、この曲やる?」

私 :「飽きました〜。」

先生:「じゃあ、この曲はレッスン終了。後は自分で練習して。」

私 :「ほーい。」


ってなわけで、この曲は強制終了〜。

スピッカートについては、課題が残ったまま終わってしまいました〜。
予想はしていたんですけどね。

まあ、弓の張り方でずいぶん飛ばしやすくなったので、
これからもぼちぼち練習してきます〜。



・・・。



ん?


音源?


そんな訳ですから、音源アップはしたくないなぁ・・・。


でも、1曲終わったのだから、一応アップしますね〜。
※妊娠中の方、体調の悪い方は絶対に聴かないでください。




pianoとforteの差がないですね〜。

リズムも安定してないですね〜。

でも、一応飛んでるでしょ〜。


所詮、私の実力なんて、こんなもんですよ。( = =)


それじゃぁ、皆さん、今日はこのへんで〜〜〜。


明日はオケの練習です〜〜〜。 オルガン、まだ弾けません〜〜〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
無窮動〜汗
私も以前この曲をやったのですが・・・まったく跳ばず・・・撃沈の曲でした。その後、更に無謀にもホラスタッカートという一弓スタッカートの有名な曲もチャレンジしたんですが・・・後は言うまでもなく・・・
センセイからは、早く弾ければそのうち跳ぶから、と言われ、中途半端で終わった曲でした。
ポンさんのは、とても綺麗に粒がそろっていて美しいです。
それにすごく速い・・・。
憧れます・・・
そんな風に弾けるようになりたいです。
右手の道は険しいですね。
mari
2010/02/13 22:57
mari様

こんばんは♪
いつもコメントありがとうございます。
おお、mariさんもこの曲を!
いやー、お恥ずかしいです〜。
本当はこの曲、forteとpiano、そしてアクセントをつけなければいけないのですよ。
スピッカートではまだ出来ないです〜。泣)
テンポも不安定で・・・。
拙い演奏を褒めてくださり、ありがとうございます。
スピッカートはやっぱり難しいです。
手首の柔らかさと正確性。
この二つが揃っていないと上手く飛んでくれません。
逆にこの二つが揃っていると、弓が勝手に飛んでくれるんですよ。
まだ、完全とはとても言えませんが、弓を飛ばす感覚がわかってきました。
右手の道は険しいけれど、着実に登っていますよ〜。
考えて練習すれば絶対に上達します♪
mariさんもたまにこの曲を思い出して弾いてみてください。
右手の練習材料としてはとてもいい曲だと思います。
私もまだまだ頑張りますよ〜。
ポン・ション
2010/02/13 23:44
久しぶりにやってみようと思います、この曲
手首がカチカチで、腕の角度が安定しないので
まったくダメダメなパターンです、私の場合。

>考えて練習すれば絶対に上達します♪
仰る通り、です(;>_<;)
むやみやたらと練習しても上手くならないのに
考えながら練習することをおろそかにしてました。
思い出させてくれてありがとうございます!
mari
2010/02/14 00:50
mari様

なんか、上から目線のコメントですみません。
でも、本当に手首の動きは大事なんです〜。
そこをわかっていただきたくって・・・。
私の先生は厳しいですが、理論的に正確に教えてくれるんです。
手首の動きは少し良くなったのですが、まだ弓が駒から正確に一定の距離で弾けません。
どうしても動いちゃいます。
先生はそこは絶対に譲れないみたいです。
今回はゆるして!?くれたけれど、いつかまた同じことで注意されないように精進したいと思います。

むやみやたらに練習するのも大事ですよ!
私もがむしゃらに練習した時もありました。
右手が腱鞘炎になったこともありました。
でも、それがあったから、今、少しだけ右手が楽になっています。

どんな練習も無駄になることはないです。
努力した分だけ、体の中に蓄積されていくのだと思います。

mariさんの演奏、すごく素敵でした♪
私も早く、あのような曲を弾きたいです。
ポン・ション
2010/02/14 01:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
レッスン〜スピッカート編 北廣島鐵道ブログ線/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる