北廣島鐵道ブログ線

アクセスカウンタ

zoom RSS レッスン〜フランス編T

<<   作成日時 : 2010/03/14 21:56   >>

トラックバック 0 / コメント 7

道路の雪も解けて、春らしくなってきました。

画像



こんばんは。

冬眠から目覚めた、ポン・ションです♪ 

お久しぶりでございます。


今日はヴィオラのレッスンでした。

曲はM.Maraisという人の「Old French Dances」

4つの組曲です。
なんだかわからないけれど、フランスの古い躍りの音楽?

今は、1曲目と2曲目をやっています。

1曲目は L'Agréable 。
ゆったりした4拍子のリズムの曲です。
画像


まず通して弾いたところ、先生の感想は、

先生:「間があきすぎている。」

ダブルバーと、スライト リテイクの指示がある場所はインテンポで。
音楽がぶつぶつ切れてしまわないように気をつけること。
流れを大切に。


次に細かい指示。

23小節目の16分音符は左手がバタバタして安定していない。
左手、低空飛行で。

35小節目のトリルが下手。
( = =)ええ、2−3のトリルは苦手なんですよー。
指全体が動いているらしい。
3の指だけを動かすように。

55小節目の16分音符は3連符っぽくならないように。


以上。

前回、厳しく言われた音程については、全く何も言われませんでした。
そのかわり、弓を倒しすぎだと言われました。
弓の毛は全部使うつもりで弾くように心がけます。


そんなわけで、一曲あがりました〜。

では、恒例の音源アップを。
※妊娠中の方、体調が悪い方は聴かないでください。




「Old French Dances」っぽく弾けているでしょうか?


♪〜


次。

2曲目は La Provençale。
3/8拍子の、軽快な曲です。
画像



この曲、私にとっての鬼門は重音。
あちこちにある重音を制覇しなければなりません。

この曲は、重音ひとつひとつについて教えてもらいました。

特に、フィンガリングについて。

メロディーラインを弾く指を基準にして、他の指を添える。

指を押さえるタイミング、離すタイミング。

音色で指を決めるのは結構だが、音程が悪ければ何にもならない。
先生の先生(Wienの人)の理論では、結果が良くなければいけない。
音色が良くても、音程がはずれたなら、何にもならない。
右手でカバーできる部分があるのならば、リスクの少ない確実な方を選ぶという考え方。
先生の先生はカルテットの方だから、そのような理論らしい。

また、重音は2つ同時に弾こうとするから失敗するのであって、基準となる音:
メロディーラインの音を弾く指を基準にすればよい。
重音は2つの音と考えず、1つの音にもう1つが加わったものと考えること。
1つ1つの音(指)がきちんと分解されて、頭の中で整理されていることが大切。

こんなことをやってるうちにあっという間に時間は過ぎ〜〜〜。
この曲は次回に持ち越しとなりました。


次回のレッスンは私も先生も都合が悪く、4月29日に。
1ヶ月以上、先になってしまいました・・・。


まあ、その間はオケの練習に励むことにします。


※カール・フレッシュの練習方法も、少し教えてもらいました♪(*^^)v


♪〜


☆おまけ。

今朝の窓からの眺めです。(ジオラマ加工してます。)
冬に逆戻りしてます〜。
画像



また、冬眠しそう・・・。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
春眠暁を覚えず・・・にはまだ早いかな?
Old French Dances、初めて聴きました。
本当に美しい音色だなぁ。重厚で綺麗な音。
upして下さってありがとうございます(*゚ー゚)

>重音は2つの音と考えず、1つの音にもう1つが加わったものと考えること。
>1つ1つの音(指)がきちんと分解されて、頭の中で整理されていることが大切。

なるほど・・重音にとらわれていると音程が狂ってしまうのはこういうことなんですね。
重音は下の音の上に上の音を乗せ、という時間差の弾き方で練習した後に同時弾き練習するのですが、こういう意味なんですね・・・意味を知ると納得です。
mari
2010/03/15 09:04
Mademoiselle Mari

Bonsoir〜♪
Nous vous remercions tous les commentaires de l'&eacute;poque.
音色を褒めて頂いて、すごくうれしいです。
私、ヴィオラの音色が大好きなので。
簡単な曲でスミマセン。
mariさんが取り組んでいるような曲に比べれば、もうこれは初心者のための曲ですね。
でも、簡単な曲にも五分の魂。
そう思うんです。
たとえば、この曲を今井信子さんが弾いたらどうなるか。
きっと惹き込まれるような素敵な演奏をされると思います。
そんな気持ちでこの曲に取り組んでみました。
私の演奏はまだまだですね〜。
聴いていて赤面してしまいます。

重音については、私がmariさんに進言できることはありませんよ〜。
これは私の備忘録だと思ってください。
mariさんは本当にすごいです。
いつか、mariさんのような難曲を弾くことを目標に頑張ります!
ポン・ション
2010/03/15 19:03
フランス語ができるのですか?優しくてなごむ音ですね。音程がいいのにジェラシー感じます。何を連想したかというと、社交の場でフランスの紳士淑女がご挨拶代わりに列になって会釈しているようなシーン?次の曲が楽しみです。是非聞かせてくださいね。私は四月の初めの発表会に向けて練習中です。今回は夫のリクエストに答えて、ポルウナカベッサ。どうせならラテンメドレーにしましょうということでアマポーラにエストレリータ三曲です。当初は先生からエアバリエかチェルダッシュかホームスイートホームと提案されていたのですが、夫のリクエストを尊重しときました。
ゆっくりで切ない曲、エストレリータが難しいです。伴奏のアレンジ、音色がモダンなので、上手くいくか心配ですが、あと、ニ週間弾きこみたいです。ポンションさんみたいに味わいのある音がだしたいな。音色、音程、自分が出したいと思う音に近ずけたい。いつかできるようにと希求することにして今の最善を尽くしますね。
gardenia
2010/03/19 18:44
Madame gardenia

Bonjour!
Nous vous remercions tous les commentaires de l'&eacute;poque.
Non, je ne suis pas fran&ccedil;ais.
I Google pour traduire.
Merci pour le compliment le terrain!
Je vois.
De grandes id&eacute;es Madame Gardenia's!
Naa j'aurais saut&eacute; Ainsi, alors que les images.
Le texte suivant chanson La Proven&ccedil;ale.
La Provence n'a jamais &eacute;t&eacute; aussi l'image Tsukamemasen.
Vous pouvez retourner l'image de la cuisine proven&ccedil;ale.
Quel est le gard&eacute;nia latine medley Madame!
Quelque chose sounds like fun ♪
Nous esp&eacute;rons que le succ&egrave;s de votre pr&eacute;sentation.
ポン・ション
2010/03/20 10:50
何だか意味不明のフランス語ですね〜。
すんません。
L'Agr&eacute;able は「楽しい」という意味らしいので、(今知った)もう少し楽しそうに弾けばよかったです。
次の曲、プロバンスは行ったことがないのでイメージできません。
南仏料理はたべたことがあるので、そんな感じかな?
先生に聞いてみます。
ラテンメドレー楽しそうですねー。
発表会、頑張ってくださいね。
ポン・ション
2010/03/20 11:00
凄いなあ、フランス料理レストランでメニューが簡単に読めちゃう!うらやましい!色気より食い気ですね。プロバンス地方行ってみたいな。私は去年からスペイン語をかじっているのですが、動詞の変化に四苦八苦しているところです。ところどころ、類似した単語を発見。別にスペイン行く予定ないんだけど、ボケ防止です。英語同様、喋れるようになるのはいつのことかわかりません。ということで今年は発表会もラテンの曲でまとめてみました。先生から来年はコンチェルトを弾かせるよと脅かされてしまいましたが、めっそうもない。実力相応の曲で楽しく弾けるのが一番です。
gardenia
2010/03/20 11:49
gardeniaさん

いやいや、フランス語全然ダメですよ。
でも、フランスに行って、ビストロに入ってみたいですー!
料理をひとつひとつ給仕さんときめて・・・なーんて憧れちゃいます♪
また勉強してみようかな。( = =)←挫折歴有
その前にスオミ語(フィンランド語)に興味があるのでそっちをやってからだな。これは死ぬ前に一度シベリウスの家を見に行きたいからという理由なのです。
語学は苦手なのですが、なにか目的があるとやる気になります!
gardeniaさんはラテン系ですね〜。
アマポーラにエストレリータですか〜。
ろまんちっくですね〜。
夕暮れ時にワインを飲みながらgardeniaさんのヴァイオリンを聴いてみたいです。
ポン・ション
2010/03/20 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
レッスン〜フランス編T 北廣島鐵道ブログ線/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる